双極性障害で障害厚生年金3級を取得、年額59万円、遡及で307万円を受給できたケース

女性(40代) 主婦
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円、遡及額307万円

相談時の相談者様の状況

 仕事と借金で夜も眠れなくなり、食欲も低下するようになった為、自宅近くのクリニックを受診しました。うつ病と診断され直ぐに休職し、間もなく退職しました。実家に戻り、近くの病院に転医しました。双極性障害と診断され、直ぐに入院しましたが病院の環境が劣悪で自主退院してしまいました。退院後は実家に戻って家族の援助を受けながら日常生活を送り入退院を繰り返しましており、日常生活の多くは夫の援助なしには成り立たない状態です。就労能力もないため障害年金が貰えないかご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 ご夫婦で相談に来られました。最初はご主人の年金申請のお話しでしたが、お話を聴く限りでは就労もできていましたしそれほど悪い状態ではないように感じました。それよりも奥様の状態の方が悪く、御主人よりも奥様の申請を早急に進める様アドバイスいたしました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額59万円、遡及で307万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864