統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年額154万円を受給できたケース

男性(40代) 主婦
傷病名:統合失調症
居住地:浦安市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額154万円

相談時の相談者様の状況

会社での妄想による行動が顕著となり受診を指示され、即休職開始となりました。受診後も妄想が益々酷くなりましたが、妊娠が判明し通院をやめてしまいました。出産後も体調は悪化し、入院となりました。退院後は退職となりました。体調が回復するたびに新しい職場で働き出しますが、すぐに体調不良となり続かず、短期間での退職を繰り返えしていました。働いていた期間も疲労でぐったり横になっていることが多く、家事育児は多くを夫に手伝ってもらっていました。1人では通院が出来ず、金銭管理もできない為日常生活を送る為には家族の援助が常時必要な状況となっています。
 

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話でのご相談となりました。就労状況や日常生活状況をヒアリングし、受給可能性についてお話ししたところそのまま御依頼となりました。遠隔地の為、郵送や電話でのやり取りでしたが、途中で入院されてしまった為、途中からご主人とのやり取りとなりました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額154万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864