気分障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(30代) 主婦
傷病名:気分障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 不安感等から精神科を受診しました。気分変調症と診断され、服薬治療を開始しました。体調不良から大学は退学となりました。その後、アルバイトを始めましたが、人間関係が上手く行かずすぐに休みがちとなり半年程度で退職しました。その後もアルバイトを転々とした後、調子が悪い時期が続き家で療養していました。やがて障害者雇用枠で就労開始しましたが、交通機関を利用すると激しい動機や息苦しさなどを認め通勤困難となったことから休職となり、症状回復せずそのまま退職となりました。
 現在日常生活を1人では送れない状況となっています。日常生活の多くを母親の援助のもと過ごしています。

相談から請求までのサポート

 ご自身で手続きをしようと、進められていましたが、やり方がわからずご相談に来られました。受診状況等証明書をご自分で取られていましたが、前医が書かれていましたので取得し直さなけれなりませんでした。初診は12年程前でしたが大きな病院でしたのでカルテは残っており特に問題なく進めることができました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864