広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

男性(20代) 無職
傷病名:広汎性発達障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給決定額:年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 中学の時、広汎性発達障害と診断されました。大学では1人暮らしをしましたが部屋の片付けが全くできず、親が来て片付けをしてくれていました。卒業後は地元で就職しましたが、上司に良く怒られていました。仕事が覚えられず就労先では対人関係も上手く行っていませんでした。やがてストレスからか金遣いが荒くなり、給料はすぐに全て使ってしまいました。身勝手に休暇をとったり残業拒否を繰り返した結果、退職となりました。親元を離れ横浜で就職しましたが、仕事中に寝てしまったり、職場でのコミュニケーションも上手く行かず休職となり退職となりました。現在、就労移行支援施設に通所中です。

相談から請求までのサポート

     弊社が就労移行支援施設で行った障害年金セミナーをお聴きになり、ご相談に来られました。日常生活状況を詳しくお聞きしましたが、こだわりがかなり強く、コミュニケーションも取り辛い状況でした。一人暮らしが懸念されましたが、就労移行支援施設での作業等の状況を、支援先の協力でまとめてもらい資料といたしました。

結果

   障害基礎年金2級が決定し、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864