統合失調症で障害厚生年金2級が認められ、配偶者加算と子の加算を併せ年額168万円、遡及で392万円を受給できたケース

女性(40代) 主婦
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額168万円 遡及額392万円
相談時の相談者様の状況

 仕事上の失敗をきっかけに不安や抑うつ症状が強くなりバスや電車に乗れなくなり、幻視も出現するようになった。仕事が忙しくなると精神的な負担が大きくなり症状が強まり不眠となった為、受診したところ統合失調症と診断されました。内服を開始すると不眠は治まり不安感も落ち着きましたが、やがて強い不安感と抑うつ状態から希死念慮が起こり、手の震えなどの症状も現れたため休職なり、退職になりました。その後は症状が改善せず、ほとんど寝て過ごしています。 家事は全般的に家族のサポートを受けており、一人では生活が成り立ちません。眠気、不安感、意欲の低下も続いており一日中、ほぼ寝ている状態です。電車に乗ってひとりで買い物に出ることはできず就労もできません。

相談から請求までのサポート

 弊社ホームページをご覧になりご相談に来られました。家事はできず就労もできないことから受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。初診からずっと同じクリニックに通っていますので遡及請求を行いました。

結果

 障害厚生年金2級を取得し、年額168万円、遡及で392万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864