注意欠陥多動性障害(ADHD)とうつ病で障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:注意欠陥多動性障害(ADHD)、うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 大学入学後、抑うつ、不安等の症状があり、自宅から近かったクリニックを受診したところ、うつ病と診断されましたが、自己判断で受診を止めてしまいました。暫く受診していませんでしたが、就職活動等のストレスから症状が悪化したため、直ぐに受診できるクリニックを受診しました。薬を処方され、暫く通院を継続するように言われましたが、通院することが億劫で受診を止めてしまいました。会社は1カ月程度で退職してい、退職後はアルバイトを転々としていましたが、体調が悪く継続ができませんでした。再度検査を受けるため、近所のメンタルクリニックで検査を受けたところ、ADHD、パニック、うつ病の診断を受けました。現在、月1~2回の頻度で受診を継続しています。体調が悪化し気分が落ち込むと嘔吐や手の震えの症状が出ます。

相談から請求までのサポート

 弊社ホームページをご覧になりお母様とご相談に来られました。精神福祉手帳1級をお持ちで、就労はできず、常時家族の援助を受けていました。制度の事や受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得し、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864