慢性腎不全による血液透析で障害基礎年金2級が認められ、子の加算と併せ年額101万円を受給できたケース

女性(50代):主婦
傷病名:慢性腎不全症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額101万円

相談時の相談者様の状況

10代から健診にて血尿を指摘されましたが特に受診することはありませんでした。職場の健康診断にて初めて尿蛋白を指摘され、大学病院の腎臓内科を紹介されました。巣状糸球体硬化症疑いとの診断で1ヶ月に1回通院しましたが、転居先に近い病院に転院したところミトコンドリア異常症と診断されました。疲れやすさや倦怠感を感じるようになり、臥床時間が増え、家事をしていると息切れするようになった為、腹部超音波検査実施したところ腎臓がんと診断され、左腎部分切除術を施行しました。術後はさらに腎機能の悪化が認められ、吐き気や食欲不振、立ちくらみ、息切れといった自覚症状も悪化し、血液透析導入に至りました。退院後は週3日血液透析を実施しています。

相談から請求までのサポート

 病院勤めが長く、ご自身の職場で受診していらっしゃいましたので特に問題無く書類関係は揃えることが できました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、子の加算と併せ年額101万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864