自閉症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):障害者雇用
傷病名:自閉症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 1歳半健診時、異常を指摘され、療育センター通所を勧められました。知的障害を伴う自閉症と診断され、その後てんかんも指摘され、それ以降年1回脳波検査をするようになりました。小中高と特別支援学級で過ごし、高校卒業後は障害者雇用枠で食品製造の会社に就職しました。質問するタイミングがわからない為、自分で勝手に判断し動いた結、指摘されることが多いです。就労による心身の疲弊が激しく帰宅後はぐったりとしており、辛いと漏らすことも多く、現在は就労以外のことは何ひとつとしてできておらず、単独での生活は考えられません。日常生活のほとんどを親の援助のもと過ごしている状況です。

相談から請求までのサポート

 以前、お姉様が弊所で障害年金のお手続きをされ、受給された関係でお母様がお電話にてご相談になられました。20歳の誕生日が間近い為、手続きをしたいとのことでご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「発達障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864