脳梗塞による肢体障害で障害基礎年金1級が認められ、年額97万円、遡及で236万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:脳梗塞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
受給額:年額97万円、遡及額236万円

相談時の相談者様の状況

 突然歩くことができなくなり、救急搬送され脳梗塞と診断されました。左上下肢麻痺の状態となり、回復期リハビリを行っていましたが、右半身の動かしにくさを自覚し、症状が増悪した為大きな病院に救急搬送されました。左優位の両側片麻痺が認められ、右片麻痺は進行しほぼ弛緩状態まで増悪し為、リハビリテーション病院に転院しました。腎不全、貧血、発熱の持続を理由に、再度大きな病院に転院しました。その後、腎臓の経過が悪く、人工透析となりましたが、脳梗塞による麻痺の症状に変化はありませんでした。現在、全くの寝たきりの状態であり、言葉を発することもできない状況です。

相談から請求までのサポート

 息子さんのことを御心配されたお母様からご相談を頂きました。脳梗塞で寝たきり状態が続いているとのことでしたので、1級の可能性が高いとお伝えしたところ、電話にてのご依頼となりました。初診からほぼ寝たきりでしたので、半年固定で手続きを進めて行きました。

結果

障害基礎年金1級が認められ、年額97万円、遡及で236万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864