双極性感情障害で障害厚生年金2級が認められ、年額197万円を受給できたケース

男性(40代):会社員
傷病名:双極性感情障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額197万円

相談時の相談者様の状況

 ある日突然、電車内でパニック発作を起こしました。電車に乗れず出勤できなくなり、不眠や無気力になった為、メンタルクリニックを受診しました。うつ状態、パニック障害、強迫性障害と診断されました。医師からは、すぐに休職しないともっとひどい状態になると言われた為、半年間休職しました。その後は何度も休職を繰り返しました。会社からはいろいろ配慮してもらいましたが、出社できてもうつ状態が酷く、仕事ができる状態ではありませんでした。現在、自分で起きられず、薬がないと眠れません。過眠、不眠、倦怠感、無気力、パニック発作の症状があります。

相談から請求までのサポート

 ホームページをご覧になり、ご面談にお越しになりました。現在休職中で就労は難しいとのことでした。日常生活状況を詳しくお聞きし、受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額197万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864