うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額167万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額167万円

相談時の相談者様の状況

 パワハラにより、抑うつ、気力低下、不眠などの症状が出現し、次第に会社に行けなくなりました。メンタルクリニックを受診したところ適応障害と診断されました。1ヶ月程度休職しましたが、妻の転勤を機に退職し、療養生活を送っていました。徐々に体調は改善し、就労しましたがすぐに退職し、その後は就職と退職を繰り返しました。その後パートタイムで就労を開始しましたが、パワハラにより吐き気や頭痛不眠、胸痛等の症状が出始め希死念慮が強くなった為、近医を受診したところうつ病と診断されました。現在も抑うつ状態不安、不眠といった症状があり、日常生活においては、妻の援助を多く必要とする状況となっています。

相談から請求までのサポート

 ホームページをご覧になり、ご相談に来られました。就職・退職を繰り返し、就労は困難とのことで、現在も無職でした。日常生活は常時奥様の援助が必要とのことでしたので、受給の可能性が高いとお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額167万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864