うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額147万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額147万円

相談時の相談者様の状況

 仕事を休みがちになった為受診したところ適応障害と診断されました。無気力、悲観などの症状があり仕事は退職しました。うつ症状が酷く、自宅に閉じこもり家族、友人とも会いませんでした。家事、お風呂、買い物は困難で、食事は夫が買ってきたものを不定期的に摂取していました。出産後、育児のプレッシャーで心身に負担がかかるようになり、寝込むことが増えてきました。家事は困難で、無気力、落ち込み、自殺願望、吐き気、の症状があり、家事、風呂、外出は困難です。食事も1日に1回のみになり、腹痛やパニック障害の症状も加わり寝たきり状態になりました。2週間に1回通院していますが、症状が改善せず、日常生活を送ることも困難になっています。

相談から請求までのサポート

 弊社のHPからLINEでお問合せになりました。以前にも一度お問合せがありましたが、その時は先生がうつでは診断書は書けないとのことで終わっていました。しかし今は病院を変え、診断書を書いてもらえるようになった為、再度のご相談でした。ぜひ申請したいとのことでご依頼になりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額147万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864