双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(20代):無職
傷病名:双極性感情障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 大学受験に失敗し、うつ状態となった為受診したところ、うつ病と診断されました。薬の効果で気分も良くなり、大学へ入学し順調に授業に出られるようになりましたが、交友関係でトラブルを起こし、再び体調を崩して授業に出られなくなり、診断名が双極性障害となりました。
 大学卒業後、事務の仕事に就きましたが、次第に仕事の重圧感や、人間関係にストレスを感じるようになり、出社できなくなり、退職となりました。次の会社で働き始めましたが、1年足らずで体調を崩し退職になりました。その後、現在に至るまで無職です。現在もうつ状態では殆ど起きられず、自室に籠って横になっています。躁状態になると散財してしまうため、金銭管理は親に任せています。

相談から請求までのサポート

 娘さんの状況をご心配されたお父様からお電話がありました。病状については途中からお母様がお話になり、受給可能性が高いとお話ししたところご依頼になりました。定期的に通院していましたので認定日請求を致しましたが、先生の診断書はそれほど重い病状ではないとの内容でした。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864