自閉症、軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):障害者雇用
傷病名:自閉症、軽度精神遅滞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 2歳になっても言葉が出ない為、受診したところ自閉症の疑いありと言われました。幼稚園では言葉での理解が難しいため、絵カードや写真を使って日々の予定を伝えていました。小中学校と個別支援級入学しました。偏食や感覚過敏も顕著で、普段の生活ではやりっぱなしが多く、整理整頓が苦手で先生にもよく注意されていました。高校は特別支援学校入学し、高校卒業後は弁当工場に入社しました。職場での多くの配慮のもとに就労していますが、入社当時より怒られることが多く、就業意欲が低下しています。休みの日は引きこもってひたすらパソコンで遊んでおり、自ら外出することはありません。日常生活においては子供の頃から引き続いて家族の援助を必要としている状況にあります。

 

相談から請求までのサポート

 息子さんの20歳の誕生日を間近に控えて、御父様がお電話でご相談され、お依頼されました。障害者雇用で就労はできていましたが、診断書を取ってみるとかなり悪い状態でした。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864