統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(30代):無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 職場で人間関係が悪化し、不眠、頭痛等の症状が出現し、その後退職になりました。メンタルクリニックを受診したところうつ病と診断されました。症状は徐々に軽快し、通院を中断しましたが、症状が再燃し、再び受診しました。対人関係のストレスから、休職し、一旦は復職しましたが、結局は退職となりました。遠方の為、通院を中止しましたが、引きこもり、無気力になり、他の病院を探す気力もなく、つらい日々を過ごしていましたので、近所のクリニックを受診しました。当初はうつ病の診断でしたが、途中で統合失調症に変わりました。その後就労移行支援事業所に通い、障害者就労しましたが退職となりました。 

相談から請求までのサポート

 お嬢様の状態を心配されたお父様からのご相談でした。一度は年金事務所で相談し、ご自身で手続きを進められていましたが、中断しそのままにしていました。しかし病状が悪化し就労もままならない為、将来を心配されてのご相談でした。詳細にヒアリングを行い、受給の可能性は高いとお伝えしたところ、お電話でのご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864