うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額162万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額162万円

相談時の相談者様の状況

 通勤電車内で倒れることが頻繁となった為、近医を受診したところ、強迫性障害、軽度のうつ病と診断されました。段々症状が悪化していった為、別のクリニックを受診したところ、不安障害と診断されました。次第にうつ症状が酷くなり外出も困難となり、母親が代理受診することが多い状況でした。
 妊娠を機に薬を調整しましたが、うつ状態が増悪しました。服薬治療を継続し実家で療養中です。病状は以前より悪化し、現在はほぼ外出もできない状況であり、1日中自室で横になって過ごしています。家事はほぼできず、同居している両親が行っています。子供の世話もできず、学校行事や習い事などの対応も両親が代理で行っている状態です。

相談から請求までのサポート

 知り合いの社労士さんからのご紹介でした。ご自分で初診の証明を取得しようと動かれていましたが、初診の病院は既になく、2件目の病院で受診状況等証明書を取られていました。しかしここには初診の病院を受診した年は書かれていましたが、月はわかりませんでしたのでどうしたらいいかわからず、知り合いの社労士に相談されたようでした。3件目のクリニックで何かわからないか受証を取ってみましたが、ここでもそれ以上のことはわかりませんでしたが、その年の前後は数年間にわたり厚生年金加入中でしたので、12月を初診日として申請いたしました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額162万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864