うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額143万円を受給できたケース

女性(50代):主婦
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額143万円

相談時の相談者様の状況

 パワハラにより、頭痛や吐き気、不眠が酷くなり、うつ病と診断されました。次第に症状は悪化し、休職となりました。2年程で復職しましたが、上司からのパワハラもあり、症状が悪化し退社することとなりました。退社後は日常生活を全て夫に頼り、自宅に引きこもるようになりました。昼夜が逆転し、生活リズムが完全に崩れていました。令和に入っても、相変わらず家からは出られず、頭痛と不眠も続いています。朝起きてから1日ソファーにぐったりしたまま1日が過ぎていく事が多い状況です。現在も変わらず、日常生活の全てにおいて夫の援助を必要としています。

相談から請求までのサポート

 弊社をHPでお知りになり、お電話でのご相談でした。精神福祉手帳2級をお持ちで、お話をお聞きするだけでかなり悪い状態が予想できました。受給可能性についてお話しした所、お電話にてご依頼されました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額143万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864