統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年額101万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:統合失調症
居住地:座間市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額101万円

相談時の相談者様の状況

 不眠、食欲低下といったうつ症状が出現するようになりました。実家でほぼ臥床して過ごし、家事や育児を実母と姉に任せている状態となった為、メンタルクリニックを受診しましたが、うつ症状が緩和したため、自己判断で受診を中断ました。暫く受診をしていませんでしたが、家事や育児もままならず母や姉を頼る生活は続いていました。再び症状が悪化したため任意入院しました。退院後は月1回通院し薬物療法を受けています。訪問看護によるサポートを2週間に1回受けており、日常生活状況の確認、対面での相談、処方薬の管理等を頼っています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問い合わせがありました。家事ができず、お母様とお姉様に頼った生活をしており、とても就労できる状況ではありませんでしたので、受給可能性は高いとお伝えしたところご依頼になりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額101万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864