うつ病で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):無職
傷病名:うつ病
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

  人間関係で疲れが溜まっていました。目が痛くなり数カ所の眼科を受診しましたが、精神科を勧められ受診しました。朝の気分が悪く寝足りない感じ、不安、不眠、疲労倦怠感、抑うつ気分、実際にない声が聞こえると症状を訴えたところ、統合失調感情障害の疑いと診断されました。学校は遅刻や欠席が多く、不登校になった為、メンタルクリニックを再診しました。幻聴は軽減しましたが、頭痛、吐き気、下痢、不安、浅眠の症状があり、月2回受診しています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問い合わせがありました。初診は高校生の時で、現在は仕事もできず、全くやる気が起きず、日常生活も家族の援助無しにはできないという事でしたので、受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864