くも膜下出血による高次脳機能障害で障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できたケース

男性(50代):無職
傷病名:高次脳機能障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額127万円、遡及額64万円

相談時の相談者様の状況

 自宅で倒れ救急搬送されました。くも膜下出血と診断され、緊急手術を受け2ヶ月間集中治療室に入院となりました。意識レベルは低く経鼻栄養補給が行わましたが、徐々に意識レベルが改善し始め、歩行ができるまでに回復しましたが、記銘力障害の後遺症が残りました。退院後は職業訓練を受けましたが、新しいことを覚えられない為就労には繋がりませんでした。自宅療養を続けましたが、1人で外出してしまうと自分がどこにいるのかわからないといった状況となってしまい、単独で通院、外出はできなくなりました。その後何回か1人で外出してしまい行方不明になりました。現在も、記銘力障害の為就労できず、日常生活でも多くの援助を必要とする状態となっています。

相談から請求までのサポート

 脳血管疾患の場合、記憶障害に加え、肢体障害が残る場合があるのですが、この方は幸いにも肢体障害はありませんでしたので、高次脳機能障害で申請することにしました。認定日請求も考えましたが、丁度その時期は劇的に回復し、社会復帰を目指していたとのことで、事後重症請求をご希望になられました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864