両変形性股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:両変形性股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

 左膝が痛み出し、薬局で痛み止めと湿布を買って手当していたところ、痛みが悪化したため自宅近くの整形外科を受診しました。2週間に1回受診し、ヒアルロン酸注射を受けましたが、改善せず杖を使用するようになりました。症状が次第に悪化したため、自宅近くの総合病院を受診したところ、原因が股関節にあり人工関節置換術を受けるしか治る道はないと言われたため、右股関節、その後左股関節の人工関節置換術を受けました。

相談から請求までのサポート

 初診は4年前なのでカルテは問題ありませんでした。ただ初診日から3年程経っての人工関節置換でしたので、認定日請求はできませんでした。ちなみに人工関節はいくつ置換しても3級にしかなりませんのでご注意願います。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864