双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年額127万円を受給できたケース

女性(40代):無職
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額127万円

相談時の相談者様の状況

 職場での人間関係や仕事にうまくいかず、不眠、食欲低下といった症状が出現した為受診したところ、双極性障害と診断され、服薬治療が開始されました。就労は何とか継続していたものの、休みがちで入退職を頻繁に繰り返す状況でやがて退職しました。家に引きこもり、睡眠薬を飲まないと眠れませんでした。その後、働いては辞めるを繰り返し、ついに就労が困難となりました。
 現在は自室に引きこもり1日中寝たきりの様な生活を送っています。希死念慮が強く、通院もできず月2回電話受診を行っていますが、症状は悪化する一方です。身体を動かす体力もなく、歩行困難となっており、階段は四つん這いになってなんとか上り下りできるかといった状況です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問い合わせがありました。精神福祉手帳2級をお持ちで、仕事はできず、日常生活も自分一人ではできないとのことでしたので、受給の可能性は高いとお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額127万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864