脊柱後縦靭帯骨化症による肢体障害で障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できたケース

男性(50代): 無職
傷病名:脊柱後縦靭帯骨化症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額127万円、遡及額64万円

相談時の相談者様の状況

 腰に激痛が出るようになった為、近医のクリニックを受診しました。腰痛が酷くなった時に湿布薬を処方してもらっていましたが、仕事が忙しく暫く受診していませんでした。しかし我慢ができなくなり、痛み止めの注射と座薬、湿布を処方してもらいましたが、以降に良くならず、うちでは手に負えないと言われたため大きな病院に転院しました。検査の結果、脊柱後縦靭帯骨化症と診断され、手術を行いました。症状はやや改善されましたが、徐々に痛みがぶり返し、歩行もままならず又手に力が入らない状況です。この為、就労できず日常生活にも常時家族の援助が必要です。

相談から請求までのサポート

 後縦靭帯骨化症は、背骨の中を縦に走る後縦靭帯が骨になった結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が押されて、感覚障害や運動障害等の神経症状を引き起こす病気で、難病に指定されています。症状としては、首筋や指先に痛みやしびれが現れ、さらに症状が進行すると、痛みやしびれの範囲が拡がり、脚のしびれや感覚障害、足が思うように動かない等の運動障害、両手の細かい作業が困難となる手指の巧緻運動障害などが出現します。重症になると立ったり歩いたりすることが困難となったり、排尿や排便の障害が出現したり、一人での日常生活が困難になることもあります。御相談者も少し動かしただけで激痛が走り、仕事もできないような状態でした。日常生活も奥様のサポートがないとままならないような状態でしたので、受給可能性は高いと判断いたしました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864