うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額209万円を受給できたケース

男性(60代):休職中
傷病名:うつ病
居住地:滋賀県
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額209万円

相談時の相談者様の状況

 交通事故で整形外科を受診したが、不眠、抑うつ気分を訴え、同院内の精神科を受診したところうつ病と診断されました。日常生活や趣味に喜びを感じることが出来なくなり、仕事も遅刻・欠勤が増えるようになり、判断力の低下から、職場の上司から叱責され、家庭内では家族からも注意を受けるようになっていました。
 職場でのパワハラや虐めで睡眠障害や記憶障害が悪化したため休職しました。日常生活では簡単な事柄も判断できず、日常生活に必要な適切な行動が取れていません。家族と一緒にいても孤独感があり、希死念慮が日常的に続いています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり滋賀県から電話でのご面談となりました。休職中で日常生活も厳しい現状をお聞きし、制度と可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額209万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864