右変形性股関節症による人工関節置換で障害厚生年金3級を取得、年額98万円、遡及で239万円を受給できたケース

女性(50代): 主婦
傷病名:右変形性股関節症
居住地:逗子市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額98万円 遡及額239万円

相談時の相談者様の状況

 右脚の痛みを感じ出し、1か月程経つと頻繁に激痛を感じるようになりました。やがて限界を感じ病院を受診しましたが、既に右変形性股関節症末期との診断でした。我慢を重ねても筋力が失われる一方で改善、治る見込みがないと説明されました。仕事にも支障が出て、階段の昇り降りなどが制限されてきたこともあり手術を選択し、人工股関節置換術を行ないました。手術後は自宅でリハビリをしつつ、日常生活に戻る為の訓練を行ないました。現在は経過観察の為1年に1度通院しています。時々痛みがあり、落ちた筋力が戻らず今でもリハビリを意識しながらの生活となっています。

相談から請求までのサポート

 人工関節置換術の場合、障害等級3級に認めてもらえます。初診日から1年6か月以内に手術を行っていれば手術日が障害認定日となり、遡及請求が可能となります。御相談者様はまさにこのパターンでしたので4年遡及できるとご説明したところご依頼となりました。

 結果

 障害厚生年金3級を取得、年額98万円、遡及で239万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864