筋ジストロフィーによる肢体障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(50代):会社員
傷病名:筋ジストロフィ
居住地:茅ヶ崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 呂律が回らなくなり、よく躓くようになったため自宅近くの脳神経外科クリニックを受診したところ、精密検査を受けた方が良いとのことで市立病院を紹介されました。検査を受けた結果、筋ジストロフィーと診断されました。2ヶ月に1回受診し、湿布等の薬を処方されていましたが、症状は緩やかに進行しており、今年に入り特に症状が顕著になりました。転倒して頭部を強打し、数回救急搬送されたこともありました。その際に主治医からは車椅子の使用を勧められました。また呼吸器機能の低下も進行しており、咳が止まらなくなったり、少しの歩行でも息切れする状態です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり、お電話にてお問い合わせがありました。筋ジストロフィーで常時杖を使用している状態で、日常生活にもかなり支障が出ている様でしたので、受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864