脳梗塞による肢体障害で障害厚生年金1級を取得、年額265万円を受給できたケース

男性(50代):休職中
傷病名:脳梗塞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
受給額:年額265万円

相談時の相談者様の状況

ふらつき、呂律が回らないという症状が出た為受診しました。頭部CTは異常はなく一旦帰宅しましたが、再度症状が出た為頭部MRIを施工したところ脳梗塞と診断され、そのまま入院となりました。当初は元気でしたが、てんかん発作が頻発し、徐々に話や食事ができなくなりました。やがて寝たきりで話もできない状況となり全介助の状態となりました。自力での食事も困難となり、胃ろうを開始しました。退院後、在宅にてリハビリを行っていましたが症状が悪化し、再度入院となりました。現在、介護施設に入所し会話もできず寝たきりの全介助の状態です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり奥様からお電話にてお問合せがありました。脳梗塞で御主人が介護施設で寝たきりになっているので障害年金が請求できないかとのご相談でした。ほとんど意識もない状態でしたのでお電話で聞く限り受給は可能ですと申し上げたところご依頼となりました。

 結果

 障害厚生年金1級を取得、年額265万円を受給できました

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864