統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(40代):無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 大学の頃、学生相談センターの紹介で、クリニックを受診し精神分裂症と診断されました。しかし本人に病識が無く、通院をやめてしまいました。その為父親が薬を処方してもらうために通院しましたが、兄が自殺して強いショックを受けたため、心療内科へ通院を開始しました。しかし周期的に荒れるようになった為、措置入院することとなりました。退院後は、両親が同行して通院していました。薬はその都度手渡しして服用を確認し、何とか継続していました。本人の希望でクリニックのカウンセリングを再開しましたが、待合室での大声や態度等でクレームがあり、現在カウンセリングを拒否されています。

相談から請求までのサポート

 病院に置いてありました弊社のチラシをご覧になりお父様からお電話にてお問合せがありました。現在、就労することができず日常生活はご両親の援助が無ければ過ごせないとのことでした。家に引籠り、昼夜逆転の生活を送っていらっしゃる様でした。病院の先生に障害年金の申請を勧められ、御父様御自身では申請できないとのことで弊社に御依頼になられました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864