注意欠陥多動性障害(ADHD)で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:注意欠陥多動性障害(ADHD)
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 病院での人間関係で不眠、気分の落ち込み、過呼吸となったため受診したところ、うつ病と診断されました。配置転換で仕事についていけなくなり退職しましたが、地元の准看護学校へ入学しました。実習先では仕事の優先順位がつけられず、抽象的な指示が苦手で言葉の言い間違え等により人間関係が悪化したため、再び体調不良となり自主退学しました。その後結婚しましたが、不安や不眠は改善されず昼間から酒浸りになりアルコール依存症治療で入院しました。ある時、発達障害のテレビを見た際に自分と似ていると自覚し、検査を受け注意欠陥多動性障害と診断されました。現在、就労はできず日常生活も継続的な援助を必要としています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお問合せフォームからご連絡がありました。様々な傷病を抱えていて、自分ではどうしていいかわからないとのことでしたが、実際にお話を伺うと、ADHDでの申請しか可能性はなく、その様にお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864