統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):学生
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 意欲低下により大学に行けなくなりました。その後も症状の持続が見られ、睡眠リズムの不正や神経過敏といった状態が加わり、幻聴にも悩まされるようになった為、近医精神科を受診したところ抑うつ状態と診断されました。休学し実家の近医を受診したところ、統合失調症と診断変更されました。体調不良は継続し、大学は通信制に転籍しました。
 現在は一日のほとんどを布団で過ごしている状況で、生活全てにおいて同居の彼女の援助を受けています。意欲が全くわかず、倦怠感、幻聴、希死念慮を認め、医師からは学業等に関して無理をしないよう指示されています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり同居の彼女からお電話にてお問合せがありました。統合失調症で働くこともままならない為、障害年金が請求できないかとのご相談でした。ご自身で申請を考えていらっしゃいましたが、どうしてもできない為代行している社労士を探しているとのことでした。結局、お母様とのご契約になりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864