社会的治癒を援用し、双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年額104万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額104万円

相談時の相談者様の状況

 仕事や夫婦関係が上手く行っておらず、体調不良が続いた為、近医を受診しました。うつ病と診断され暫く通院しましたが、体調が回復した為、通院を中止しました。10年程問題なく過ごしていましたが、夜眠れなくなり、メンタルクリニックを受診したところうつ病と診断されました。死にたい気持ちがずっと続き、家事ができず一日の大半を寝て過ごしていました。2回目の自殺未遂をおこし、双極性障害と診断されました。1人で自宅にいることができず、電話やテレビの音にも怯えていました。現在は1人では全く生活ができない状況にあり、常に夫、父親の援助を受けています。一日のほとんどを寝たきりの様な状況で過ごしています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり電話にて面談を行いました。元々腰椎の疾患をお持ちの方で、これが原因でのメンタル不調とのことでした。初診の病院はすでにカルテはありませんでしたが、途中10年ほど通院せず体調も問題なかったことから、社会的治癒を援用することにしました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額104万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864