高次脳機能障害で障害厚生年金2級を取得、年額148万円、遡及で97万円受給できたケース

男性(40代):会社員
傷病名:高次脳機能障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額148万円 遡及額97万円

相談時の相談者様の状況

 夕方から草野球に出かけましたが、夜中に路上で倒れているところを発見され、救急搬送されました。MRI検査にて脳内出血進行が確認され、手術施行となりました。1週間ほどで意識が回復し、リハビリを行いながら加療を継続しました。退院後はリハビリテーションセンターにて週5日、言語、身体のリハビリを行いました。現在、リハビリテーションセンターに加え、病院の指示により週2回1時間ずつ訪問看護にて言語リハビリを行っています。日常生活では、ほぼ全てにおいて同居の母親の援助を受けている状況です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問い合わせがありました。息子さんの状況を心配した御父様からのご相談でした。事故で体の具合は回復しましたが、記憶障害が激しく自分一人では何もできないような状況で、ご両親の援助無しでは生活できない状態でした。高次脳機能障害で申請可能であることと、受給可能性は高いと可能とご説明いたしました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額148万円、遡及で97万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864