自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):就労支援施設B型事業所
傷病名:自閉症スペクトラム
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 保育園では集団行動が出来ませんでした。こだわりが強くいつも1人でいました。保育園で発達の遅れを指摘され、発達支援センターへ月1回程度通園していました。小学校は支援学級に入学し療育手帳(B2)を取得しました。1人では登下校できず、親が毎日送り迎えしていました。学校では集団から外れ、周りと同じ行動ができませんでした。コミュニケーションが取れず、質問に対し自分の言葉で話すことができませんでした。友達と学校外で遊びたがらず、帰宅後は1人で家で過ごしていました。高校卒業後は、就労継続支援B型事業所へ毎日通所していますが、遅刻が非常に多く指摘を受けている状態です。独自の朝のルーティンがあり、時間に対して臨機応変に対応できません。障害年金受給を考え受診したところ知的障害既存の自閉症スペクトラムと診断されました。現在、周囲の援助によって、かろうじて日常生活を送れている状況です。

相談から請求までのサポート

 HPの問合せフォームからご相談がありました。自閉症を持つ男性のお母様からのご連絡でした。高校卒業後からB型事業所で作業を行っていますが、コミュニケーション能力に問題があり、支援を要する状態でした。お子様のご様子を詳しくヒアリングし、受給可能性は高いとお話をしました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864