統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 大地震が起きるという幻聴があり、奇行を繰り返したため、心配した家族に警察署へ連れていかれ、留置所に入れられましたが、そこで素っ裸になり奇行を繰り返したため、病院に入院したところ、統合失調症と診断されました。薬物療法を受け症状が落ち着いたため退院しました。その後薬物療法を受けていましたが自己判断で受診を中断しました。しかし幻聴や幻覚は出現しており、自宅で奇行を繰り返すようになったため、再度入院し、薬物療法を受けました。就労は何とか継続していましたが、精神症状により労務不能となって退職になりました。

相談から請求までのサポート

 以前弊社でお子様のお手続きさせていただいた、お母様ご自身のご依頼でした。働けていましたので申請は見送っていましたが、働けなくなったため申請したいとのことでした。しかし実際に診断書をとったところ、先生はそれほど重くは感じていなかったようで、総合は(3)でしたが、日常生活状況は平均して2.4でしたので、2級に認定してもらえるか懸念していましたが、無事2級に決定しました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「統合失調症・統合失調感情障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864