自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級が認められ、子の加算と併せ年額106万円を受給できたケース

女性(30代) パート
傷病名:自閉症スペクトラム
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額106万円

相談時の相談者様の状況

 育児や料理の手順が覚えられず、同時並行することもできないため、両立することができませんでした。ママ友との付き合いでも自分の言動が相手にどのように捉えられているのかを異常に気にするようになり、些細な事も頭から離れなくなりました。仕事や人間関係が長続きしない為、カウンセラーより学習障害を疑われ、メンタルクリニックで適応障害と学習障害の診断を受けました。同僚の行動や言動で気分が落ち込み家庭内では何も行動することができなくなりました。部署を異動するなどの配慮をしてもらったが対象者と職場ですれ違っただけでも不安が強まり、症状が変わらない状態が続いています。

相談から請求までのサポート

 奥様の状況をご心配されたご主人からのお問い合わせでした。就職しても長続きせず、職を転々としていました。現在は障害者雇用で週5日勤務で働いていますが、就職してまだ1か月なのでいつまで続くかわからないような状況でした。家事も夫がすべて行っているような状態でしたのでご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額106万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864