大腿骨骨頭壊死で人工骨頭を挿入し障害厚生年金3級を取得、年間59万円、遡及で24万円を受給できたケース

女性(50代)会社員
傷病名:大腿骨骨頭壊死
居住地:相模原市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:59万円、遡及額24万円

相談時の相談者様の状況

 自転車で通勤中に転倒した為、病院を受診しました。大腿骨頸部骨折と診断され、観血的整復内固定術を受けましたが骨頭壊死となり、半年後人工関節置換術を受けました。その後は定期的に経過観察を続けています。

相談から請求までのサポート

 手術後、就業時間が少なくなり経済的に不安を感じていたところに障害年金の制度をお知りになり、HPからお問い合わせをいただきました。初診は2年前でしたので、カルテは残っていましたし、就労中で厚生年金加入中でしたので3級受給可能とお伝えしました。                                                           

結果

 障害厚生年金3級を取得、年間59万円、遡及で24万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864