うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額146万円を受給できたケース

男性(50代):会社員
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額146万円

相談時の相談者様の状況

 腰椎後方固定手術の後、腰椎の激痛、右足麻痺の改善が見られず、気分が落ち込むようになりました。職場復帰したものの、就労困難な状態となり、身の回りのサポートが必要であったため、婚約者の自宅で介助してもらうことになりました。主治医に相談したところ、心療内科の受診を勧められたため、近医を受診したところ、うつ病、適応障害と診断され、直ぐに休職しました。間もなく休職期間満了となりますが、絶望感、虚無感、情緒不安定、ひきこもりにより職場復帰できる目途は経っておらず、退職する予定です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり電話にて面談を行いました。元々腰椎の疾患をお持ちの方で、これがもとでのメンタル不調とのことでした。肢体と精神の2傷病で行いましたが、肢体の方は残念ながら3級という結果にはなりましたが、精神は2級に認めてもらえました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額146万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864