夫のDVの為極秘裏で手続きを進め、うつ病で障害厚生年金2級を取得、子の加算と併せ年間173万円を受給できたケース

女性(30代)主婦
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間173万円

相談時の相談者様の状況

 夫の暴言、暴力で動悸、不眠を認めるようになり、急性ストレス障害と診断されました。しかし精神科通院を夫にののしられることが怖くて通院できなくなりました。その後も事ある毎に夫の説教暴言が続き、生活費ももらえない状況となり、次第に動悸、不眠を認めるようになりました。職場でのストレスチェックにより病院を受診したところ、うつ病と診断され、眠剤と安定剤が処方されましたが、ついには職場に行けなくなりました。意欲が低下し、生きていることが辛くなり、休職となりましたが、復職出来ず退職となり、現在に至るまで就労できていません。倦怠感、希死念慮により落ち込みが激しく、人との交流も断つようになりました。一日中布団で横になっていることが多く、歩く気力も無い状況が続いています。

相談から請求までのサポート

 夫のDVが激しく、外出もままならず、また自分の口座から勝手に預金が引き出されている状況でした。障害年金を受給していることが夫にわかると全てとられてしまう可能性があるため、感付かれないよう極秘裏に手続きを進めていきました。

結果

    障害厚生年金2級を取得、年間173万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864