社会的治癒を援用し、双極性障害により障害厚生年金2級が認められ、年額167万円を受給できたケース

男性(50代)休職中
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額:167万円

相談時の相談者様の状況

 不眠の症状が出現し大学病院を受診しましたが、1回だけ受診し中断しました。その後6年ほど受診せず普通に生活していましたが、ある日話をしようと声を出すと咳が止まらず、内科を受診したものの問題がなかったため、大学病院を再び受診し抑うつ神経症と診断されました。一旦復職しましたが、再びうつの症状が酷くなり、2回目の休職をしました。個人クリニックへ転医し抑うつ神経症と診断されました。この後、休職と復職を繰り返し、診断が双極性障害となりました。3年前に復職しましたが、業務の煩雑なオペレーションに慣れず、他の社員の言動にも馴染めず孤独感があり、出社する前に自宅で過呼吸によるパニック状態となり、6回目の休職をしました。復職の目途は経っておらず症状も改善しないため障害年金の請求に至りました。

相談から請求までのサポート

 1分間判定からお問い合わせをいただきました。ご自分で過去2回、障害年金の申請をされたようですが、いずれも不支給となりました。現在、休職中で就労不能であることから障害年金を今度は専門家に任せて申請したいとのことでした。初診日から6年ほどは受診せず、普通に生活していたとのことでしたので社会的治癒を援用することにしました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額167万を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864