アルバイトをしながらもうつ病で障害厚生年金2級を取得、年間154万円を受給できたケース

男性(40代) アルバイト
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間154万円

相談時の相談者様の状況

通勤中、急に身体が硬直してバスから降りることができず、そのまま駅まで引き返してしまいました。精神科を受診したところうつ病と診断され、医師の指示により休職することとなりました。職場復帰するも、結局退職になりました。仕事をする気力がありませんでしたが、塾講師としてアルバイトに就きましたが、妻との喧嘩で逮捕され事件が新聞でも報道されてしまい、会社から解雇されました。その後、住み込みの学生寮管理人を始めましたが、寮生の親からクレームが入り、解雇されました。再度同じ塾のアルバイトへ復職しましたが、アルバイトだけでは生活が出来ないため、コンビニ等でアルバイトしましたが対人関係が上手くいかず、それぞれ2か月程で退職となりました。現在、就労は塾のアルバイトだけとなっています。

相談から請求までのサポート

 1分間受給判定よりお問い合わせをいただきました。アルバイトで塾の講師をしているが、うつ病で障害年金を申請できないかとのことでした。初診が共済でしたので、3級狙いで行けると思っていましたが、実際に診断書を取ってみるとかなり悪い状態で、20年以上通院していた為か2級に認めてもらうことができました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年間154万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864