筋強直性ジストロフィーによる肢体障害で障害厚生年金2級が認められ、年額105万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:筋強直性ジストロフィー
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額105万円

相談時の相談者様の状況

 10代の頃より筋力の低下を自覚するようになりました。症状がゆっくりと増悪していき、徐々に四肢遠位筋や顔面筋の筋力低下を認めるようになり、筋委縮を生じるようになりましたが、病院は受診しませんでした。しかし症状が増悪した為、クリニックを受診することとしました。遺伝子検査の結果、筋強直性ジストロフィーと診断され、現在、リハビリテーションセンターで診療を受けています。就労はできておらず、日常生活のほとんどを母親が援助している状況です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問い合わせをいただきました。以前年金事務所でご相談いただいたそうですが、その頃は症状が軽く申請には至らなかったとのことでした。現在は常時杖を使用して生活していらっしゃたので受給可能性についてお話いたしました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額105万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864