自分で申請するも不支給。弊社で申請を行い1型糖尿病で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給できたケース

女性(50代) 会社員
傷病名:1型糖尿病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額: 年額59万円

相談時の相談者様の状況

 健康診断でHbA1c値異常を指摘され、近医を受診し、糖尿病と診断されました。自覚症状としては、両足が非常に疲れやすく、立ったり座ったり、歩行に関しても困難な状況となっていました。血糖コントロールは安定せず、インスリン注射導入となり、1日4回インスリン注射を行っていましたが、低血糖により意識消失し倒れるようになりました。現在は血糖コントロールが上手く行かないまま、月1回受診し薬を処方してもらっていますが、いつ倒れてもおかしくない状態となっています。

相談から請求までのサポート

 3年ほど前にご自分で申請を行われましたが、数値的に基準に達していない為不支給決定となりました。その後体調が悪化した為再度申請をお考えになり弊社にご相談されてきました。1型糖尿病の基準をご説明し、医師に確認するよう申し上げたところ、後日ご連絡があり数値てきにはクリアできていた為、ご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864