うつ病で障害厚生年金2級が認められ、年額116万円を受給できたケース

男性(40代)休職中
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額116万円

相談時の相談者様の状況

    不規則な勤務時間で、不眠、憂鬱、食欲不振、希死念慮という症状が出現した為、実家近くの病院を受診したところ、適応障害と診断されました。休職を3回程度したため退職勧奨され、退職になりました。転職しましたが、パワハラを受け食事が摂れなくなり、自宅近くのクリニックを受診したところうつ病と診断されました。一旦休職し、翌月から復職したものの職場での配慮がなく嫌がらせをされている感じを受け、就労意欲を失ない再び休職しており復職の目途が立っていない状態です。

相談から請求までのサポート

 ホームページのお問い合わせフォームよりご相談がありました。うつ病で自殺願望があり、休職中で復職の目途が立たない状況なので、障害年金の申請をお願いしたいとのことでした。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額116万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864