自閉スペクトラム症、知的障害で障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給できたケース

男性(20代) B型事業所
傷病名:自閉スペクトラム症、知的障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円

相談時の相談者様の状況

 1歳後半頃から他害行為等があり、乳児健診で指摘を受け受診したところ、自閉症と知的遅れがあると診断されました。小学校、中学校と支援学級に入学しましたが、反発心が強く、指示された反対の行動をとることがありました。高校は特別支援学校に入学しましたが大きなトラブルはなく卒業し、就労継続支援B型事業所へ入所ました。現在、手厚いサポートの下で就労しています。精神的に波があり、自分自身の拘りや考えがあるため、その都度話し合いをするものの、納得ができないことが多く、全てが嫌になって、身の回りの物を投げつけることもある状況です。

相談から請求までのサポート

 以前弊社で申請を行った方からのご紹介でした。お母様からお電話があり息子さんがもうすぐ20歳になるので申請をしたいとのご相談でした。B型事業所に通所中で愛の手帳B2をお持ちとのことでしたので、受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864