統合失調症で障害基礎年金2級が認められ、年額78万円、遡及で416万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:統合失調症
居住地:御殿場市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円、遡及額416万円

相談時の相談者様の状況

    自分の悪口が聞こえる等の幻覚妄想が出現しました。両親が受診させましたが、続きしませんでした。時折幻聴がありましたが、通院はしませんでした。就労はせず、趣味に没頭したり、自宅に引き籠ったりを繰り返していました。次第に被害妄想が酷くなり、他人をスコップで殴り負傷させてしまい警察に保護され緊急措置入院となりました。退院後はアルバイトの面接に落ち続け、自室に引きこもりがちになりました。現在も家族以外との交流もなく、自閉、意欲低下が前景にでており、常に考えごとをしながら座ってじっとしている状態です。就労も困難であることから今回障害年金の申請に至りました。

相談から請求までのサポート

 ホームページをご覧になり、息子さんのことでお父様よりお問い合わせがありました。職場は横浜でしたが、息子さんは御殿場在住で申請に問題ないかとのご懸念でいらっしゃいましたが、日本全国どこでも問題ありませんとお伝えいたしました。精神福祉手帳の3級をお持ちで認定日からずっと通院中とのことでしたので遡及請求が可能とお伝えいたしました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額78万円、遡及で416万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864