自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給できたケース

男性(30代) 就労支援施設
傷病名:自閉症スペクトラム障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額: 年額59万円

相談時の相談者様の状況

 スーパーに就職しましたが、不眠、食欲不振の症状が出現し、出社ができなくなった為、クリニックを受診しました。適応障害と診断され休職後退職となりました。その後、仕事は転々とし、長続きはしませんでした。やがて自宅に引きこもるようになりましたが、このままでは状況が悪くなると自覚し、就労移行支援事業所で相談したところ診療所の受診を勧められ、心理検査を受けたところ、自閉症スペクトラム障害と診断されました。現在、精神療法および薬物療法を受けています。

相談から請求までのサポート

 ホームページの1分間受給判定よりお問い合わせがありました。精神福祉手帳3級をお持ちの方で就労移行支援施設に通所中の方でした。就労しても長続きせず経済的に厳しいので障害年金を申請したいとのご希望でした。初診は厚生年金でしたので、3級まであることをお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864