腎臓機能障害による人工透析で障害厚生年金2級が認められ、年額154万円を受給できたケース

男性(40代) 会社員
傷病名:腎臓機能障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額154万円

相談時の相談者様の状況

    皮膚科を受診した際、血液検査で指摘を受け、同院内の糖尿病外来を紹介されました。食事・運動療法と内服加療をしていましたが、自覚症状はなく仕事が多忙であったため通院を中断しました。暫らくは特に自覚症状もなく過ごしていましたが、肺に水が溜まり息が苦しくなり入院しました。退院後、徐々に腎機能が悪化した為、シャント術を受け、血液透析導入になりました。

相談から請求までのサポート

 ホームページの1分間受給判定よりお問い合わせがありました。障害年金のことをケースワーカーからお聞きになられたようでした。人工透析を開始したばかりだが障害年金は申請できますかという内容でしたので、納付状況等をご確認したうえでおそらく大丈夫でしょうとお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額154万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864