網膜色素変性症による視野障害で障害基礎年金2級を取得、子の加算と併せ年額123万円を受給できたケース

女性(50代)主婦
傷病名:網膜色素変性症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額123万円 

相談時の相談者様の状況

 頭を周囲にぶつけたり、つまずいたりすることが多くなり、見えづらくなった為、近医眼科を受診することとしました。検査の結果、網膜色素変性症疑いと診断され、大きな病院へ紹介となりました。検査の結果、網膜色素変性症と診断され、点眼薬が処方されましたが、その後は受診しませんでした。2年程して視野狭窄を自覚した為、再受診したところ前回受診時よりも狭窄が進行しているとのことでしたが、治療法がないため受診を中止しました。その後受診していませんでしたが、現在著しく見えにくくなり、白杖なしでは歩行ができなくなりました。電車を利用する際には介助が必要となり、日常生活は困難を極める状態となっています。

相談から請求までのサポート

 奥様のご相談でご主人からご連絡がありました。網膜色素変性症で視野障害がかなり進み、障害年金が申請できないかとのお話でした。目の障害の場合、数値で決まってしまうため直近の検査データを持参してもらい障害認定基準と付き合わせていきましたが、当時(令和3年)の基準ですと2級には該当しませんでしたが、新基準移行後は2級に該当するため、基準が変わってからの申請をお勧めいたしました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、を取得、子の加算と併せ年額123万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「眼・聴覚・言語の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864