うつ病により障害基礎年金2級が認められ、年額78万円、遡及で416万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円、遡及額416万円

相談時の相談者様の状況

 頭を打ち、頭痛や吐き気が酷くなったため、総合病院にて精密検査を受けましたが異常はなく、最終的に神経内科にてパニック障害と診断されました。強い不安感と離人感により一人では外出できず親の付き添いを常時要する状態でした。徐々にアルバイトをすることもでき正社員として事務職に就きましたが対人ストレスを感じるようになり、離人感や不安感が強く出現するようになりました。その後休職、復職を繰り返し退職となりました。一歩進んだ精神医療を受けるため、インターネットで探したメンタルクリニックに転医し、大うつ病性障害、反復性うつ病性障害と診断されました。自覚症状として抑うつ感、不安感、単一恐怖症、トラウマによる解離が見られると言われています。

相談から請求までのサポート

 初診の病院とその次の病院は既にカルテが処分されていました。しかし、問診表を入手したところ、初診の記述がありましたので、その日で進めることができました。認定日当時のカルテは残っていましたので、認定日請求で進めることができました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額78万円、遡及で416万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864