慢性腎不全による人工透析で障害厚生年金2級を取得、年額158万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額158万円 

相談時の相談者様の状況

 体調不良により病院を受診したところ、虚血性心不全の疑いにより入院となりました。治療を行っているうちに免疫不全の症状が発覚しましたが、適切な処置が望めないため、大きな病院へ転院となりました。しかしHIV治療に欠かせない薬剤治療により、徐々に腎機能が悪化し、身体のだるさ、足の浮腫みが顕著になり、人工透析開始となりました。数回のテスト透析後、近医へ転院し、現在も週3日、一日4時間の透析治療を継続しています。

相談から請求までのサポート

 1分間受給判定からお問い合わせいただきました。現在人工透析を行っているとのことでしたが、お話を聞くと事後重症請求のようでしたので、一月でも早く請求されることをお勧めしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額158万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864